ベルタ育毛剤を使う時にドライヤーは?コレで効果がグンと上がります!

ベルタ育毛剤を使う時にドライヤーは?コレで効果がグンと上がります!

 

ベルタ育毛剤を使って育毛をしてみたい。

 

けれども、ベルタ育毛剤ってどのタイミングて使うの?

 

入浴直後の濡れた髪の状態?それともドライヤ―で乾かした後?

 

と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

実は、ベルタ育毛剤は、使うタイミングによって効果が大きく違います。

 

ですので、ここではベルタ育毛剤の効果をグンとあげることができるタイミングと、その使い方についてご紹介いたします。

 

ベルタ育毛剤を使う最もベストなタイミングは?

 

効果を上げることができる最も良いタイミングは、入浴後にキチンとドライヤーで乾かした後です。

 

髪の毛や頭皮から余計な水分がなくなっているので、ベルタ育毛剤の成分が頭皮につきやすくなります。

 

なので、効果もグンと期待できますよ。

 

濡れた髪の毛でも同じじゃないの?疑問の方もいるかと思います。

 

ですが、濡れた髪の毛につけてしまうと、ベルタ育毛剤の成分が、濡れた髪の水分と一緒に顔や首などに垂れてきてしまうんです。

 

そうすると、頭皮の毛穴に育毛成分を浸透させることができなくなってしまいます。

 

なので、濡れた髪のままベルタ育毛剤を使うことは、育毛効果が落としてしまうことになります。

 

ベルタ育毛剤を使う時にドライヤーは?コレで効果がグンと上がります!

 

特に、ベルタ育毛剤は、育毛成分の粒子を小さくするナノ化という技術を使っています。

 

ナノ化して毛穴に育毛成分を浸透させるというのが、特徴の一つです。

 

濡れた髪のまま使ってしまうと、せっかくナノ化して毛穴に浸透しやすくしているのに、髪の毛の水分が浸透を邪魔してしまいます。

 

なので、濡れた髪のままベルタ育毛剤を使うのは、非常にもったいないですよ。

 

ドライヤーの使い方の手順

 

最も良い、ベルタ育毛剤を使うタイミングは、ドライヤーで乾かした後です。

 

ただし、ドライヤーで乾かせば何でもいいかというと、そうではありません。

 

熱をかけすぎると皮膚が乾燥しすぎてしまい、普段、皮膚のバリアをしている水分まで飛ばしてしまいます。

 

ですので、ここでは、正しいドライヤーの使い方の手順についてご説明します。

 

1.タオルドライで濡れた髪の毛の水分をふき取る

 

まずは、濡れた髪の毛の全体の水分をふき取りましょう。

 

このとき、こすってふき取るのではなく、水分を吸い取るイメージでタオルドライしましょう。

 

2.ドライヤーは最初に温風、ある程度乾いたら冷風

 

ある程度、髪の毛の水分がとれたら、まずは温風で髪の毛と頭皮をある程度乾かします。

 

この時、頭皮より髪の毛の方に重点的に温風を当てるようにしましょう。

 

また、ドライヤーと頭部との距離は20cmは開けるように。頭皮の近くで直接ドライヤーをあてると、皮膚の水分が飛びすぎてしまい、頭皮の乾燥につながります。

 

そして、頭皮はわずかに湿った状態にしておき、仕上げに、冷風で乾かしましょう。

 

3.ベルタ育毛剤を頭皮に使う

 

冷風で髪の毛と頭皮が乾いたらベルタ育毛剤を使いましょう。余分な水分がないので、育毛成分が頭皮に浸透します。

 

自然乾燥でもいいですか?

 

ドライヤーを使いたくないので、自然乾燥でもいい?という方もいるかと思います。

 

ですが、自然乾燥はあまりおすすめしません

 

乾かすという目的だけであれば問題ないのですが、自然乾燥することによって、長時間頭皮が濡れた状態になってしまいます。

 

濡れた状態は、雑菌が繁殖しやすくなっているので、雑菌によって、頭皮にかゆみやかぶれを引き起こすことにもなりかねません。

 

別の頭皮トラブルをかかえる可能性もありますので、ドライヤーを使って乾かすようにしましょう。

どうしてもドライヤーを使えない!という方は、タオルドライの時にできるだけ髪の毛の根本(頭皮)の水分をとるように意識してみてください。ドライヤーを使うのが最も良いですが、多少は、頭皮の雑菌の繁殖を軽減できます。

●関連記事

 

ドライヤーだけではなく、ベルタ育毛剤の詳しい使い方の流れを知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

 

ベルタ育毛剤の正しい使い方とは?簡単に効果を上げる方法も解説!

 

ベルタ育毛剤の口コミを知りたい方はこちらから!

 

ベルタ育毛剤の口コミと評判の秘密は?